< 初めてのドライブに >

先日ふと思い立って、気の合う女友達とふらり旅に行こう!となり、遠すぎず近すぎない岐阜に行くことに。岐阜は十数年前に行ったっきり、行く機会はまずない場所でした。先輩が住んでいたり出身が岐阜、という話はよく聞きますが、遊びに行くのは本当に初めて。でも逆に、全く見ず知らずの所なのが面白くて良いという変な盛り上がりをみせ、さすがに無鉄砲な旅過ぎても困るので、即断即決の私は早速ネットで調べることにしました。私も友達も運転ができるし、私はドライブ大好きなので、レンタカーであちこち気まま旅、ということになりました。もともと、京都や鎌倉、尾道といった、どこか懐かしい古都のような場所が好きな私たち。敢えてタイムスリップのような感覚を持つことで、逆にどこか 新鮮な気持ちになれるので、リフレッシュには最適なんです。今回は、川原町界隈を目的地にしてみました。調べながら、以前、大分の臼杵市に行ったときのことを思い出します。お醤油が有名な場所で、なんと醤油ソフトなるものがあり、ビックリしましたが、とっても美味しかったんです。ほのかに醤油の香りがする程度で、よくおしるこにお塩を入れる感覚です。今でもほのかに覚えている思い出の味ですね。川原町は、格子のある町家、赤くて丸いポスト、蔵の高い黒壁には挟まれた路地があって、ノスタルジーな空気に包まれています。織田信長の時代から商人の行き交う川湊だったそうです。間口が狭く奥行きのある昔ながらの日本家屋が続く町並には、古きよき趣はそのままに、町家や蔵を改装したお 店が多く点在します。年々その数は増え続けていて、イタリアンから中華料理、カフェやスイーツ、雑貨と実に多彩で、若い世代にも人気がある理由がわかります。私は田舎育ちなので、こうした古民家的なお店は、何だか実家に帰ったようで、妙に落ち着くのです。もちろん都会も大好きですが、時々こうした場所に身をおくこと、ちょっと人生立ち止まってみることも、時には大切なのでは?また、鮎の塩焼きや鮎菓子、岐阜うちわなど、岐阜ならではの伝統的なお土産がそろうのも魅力です。鵜飼観覧船のりばからすぐなので、鵜飼観覧前の散策におすすめな場所。女二人のぶらり旅にはピッタリのコースでした。親切なレンタカー屋さんで穴場情報もお聞きして、地元ならではのお店にも行くことができまし た。隠れ家的存在なので、店名は秘密。またぜひ訪れたい素敵な町でした。

< レジャーにも >

東京にいる友達が岐阜に遊びに来るということで、せっかくならちょっと変わった場所に連れて行こうと思いました。というのも、彼はクリエイターで長年コピーライターをしているのですが、独創的で自分の世界を持っている人。人と同じことをするのが嫌いですが、頭の回転が早く発想力が豊かです。なぜかせっかちな私とは気が合うようで、ほぼメールだけのやりとりが続いています。仕事もできる人なので、なかなか休みが取れないのですが、さすがに休まないと倒れてしまうということで、社長から有休を頂けたようです。連休が取れたら旅行したいという彼に、付き合うことにしました。東京生まれの東京育ち、大都会のど真ん中で仕事をしている彼にとっては、岐阜は別世界。いや、別次元でしょう。 彼は車はもちろん免許も持っていないので、知り合いの紹介のレンタカーを使って、あちこちドライブすることにしました。疲れるかなと思いましたが、意外に彼も気分転換できたようで良かったです。向かった先は、「養老天命反転地」。世界的に有名なアーティスト荒川修作氏とそのパートナーによって、詩人のマドリン・ギンズ氏の長年にわたる構想を実際に完成させたアートです。日本一、破天荒なテーマパークと言われるほど、トリッキーなアート満載!ケガ人も続出というのは、ちょっとこわいですが、「本気で遊べる」!ということです。ケガも想定内?!ひと言で言うと、巨大迷路であり、まるで絵本の創作のように入り込んでしまったかのような体感・回遊美術館。今までの美術館の概念を覆され てしまいました。それもそのはず、コンセプトは身体で直接感じることができるアートなんです。だから多くの美術館のように、ただ立って眺めるというより、自分の身体をアートの世界に投げ出していくという感じ。参加型でアクティブな美術館ですね。さすが変わっている彼には、このくらいのインパクトがちょうど良かったようで、驚きもせず、ただただ満喫していました。物珍しさと運動不足解消も兼ねて、思ったより歩きましたが、とってもユニークで楽しかったです。さすがの彼も感嘆していました。あまり褒めるタイプではないので、かなり希少でした。夕食後は、レンタカーで岐阜駅まで送り、あとは一人で岐阜の夜を満喫するそうです。東京の彼には、違う意味で全てが刺激的でしょうね。私もユ ニークな時間を過ごせました。今度は誰を連れて行こうかな。

< 旅行にも >

彼と付き合って初めてのドライブデートに行くことになりました。行先は岐阜。お互い忙しく、なかなかまとまった時間が取れないのですが、奇跡的に休みが合ったので、ゆっくり散策ドライブしようと言って、早速レンタカーを抑えてくれました。ちょうど連休の中日なので、早めに予約しないと借りれないんです。お互い岐阜はよく知らなかったのですが、好奇心旺盛な私たちは、そんな見知らぬ土地が大好き。私は、散策コースをネットで検索しながら彼にプレゼンする担当になったので、今さらですが、せっかくならばと思いっきり恋愛成就コースにしてみようかと思ったんです。名神高速道路岐阜羽島ICから車で15分、まずは縁結びの神様として有名な結神社(むすぶじんじゃ)に。悲願の恋が成就したロマン ティックな伝説が残ります。私たちは悲願とまではいかないですが、お互いに一目ぼれでした。うまくいくときは、うまくいくものですよね。続いて、谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)へ。西国三十三所巡りの満願・結願の寺として有名で、今年はもう終わってしまいましたが、桜の名所としても人気のようです!参道での食べ歩きも楽しい場所でした。そして、まさにそのままのネーミング!二人で渡る『恋のつり橋!』。そう言えば、つり橋恋愛理論なるものがあり、二人で恐怖体験を共有すると、恋が芽生えやすいのだとか。まだ付き合っていないけど、お互い気になっている…なんて二人にはピッタリの場所!すぐに後輩に教えてあげなきゃと思いました。恋のつり橋を渡った先 には、ほっこりカワイイ「結ばれ地蔵」が待ってくれています。橋の主塔に巻きついた蔦と大正ロマン風な外灯がいいムードをつくりあげていました。ここに来て本当に良かったなと思いました。岐阜でレンタカー は乗り慣れていないのでどうかなと思いましたが、オススメされた車種にして正解。疲れることなく、楽しいドライブデートになりましたよ

< 岐阜市の格安レンタカー >

私は名古屋市内の会社に勤めているのですが出張で岐阜のお客様周りをすることが多く岐阜市内のレンタカーショップのお世話になっています。岐阜市内なら名古屋から自社の社用車で行けばいいのではないかと思う方もいらっしゃるとは思いますが岐阜市内ばかりではなく岐阜県全域を走り回るものですから岐阜まで電車で行き、岐阜駅前のレンタカー屋で車を借りた方が安くつくのです。何せ岐阜市内のレンタカー屋は名古屋市内とは違ってかなり安く借りることが出来るのです。最初は他の社員も名古屋市内から社用車で岐阜まで高速に乗っていき、営業周りをしていたのですが日帰りで行ってガソリン代と高速代だけで1万5千円以上かかるのです。最初はそれでも社用車を使って営業をしていたのですが岐阜県の白川村辺りのお客様が増えてきたこともあり、高速代とガソリン代それに走行距離に対してのメンテナンス料金を考えると、岐阜市内まで電車で行ってそこでレンタカーを借りて営業周りをする方が割安な事に気付きました。それからは岐阜での営業はレンタカーを使っての営業に変わりました。それに最近のレンタカーは値段の割に車の外装も内装もとても綺麗でとても快適です。これなら営業周りも苦になりません。岐阜のレンタカーはお勧めです。

< 現金支払いも対応 >

私は岐阜市内に住むサラリーマンです。来年結婚を考えている彼女がいることもあり、一年前に自家用車を手放しました。とても長年乗りなれた愛車を手放すのは辛いものがありましたが結婚費用やその後の生活のことなどを考えると致し方ありませんでした。その後彼女とのデートは公共の交通機関を使うようになりました。それはそれで楽しかったのですがある日ネットサーフィンしているとレンタカーのCMが目に入りました。ちょっと気になって見てみると、結構安価で借りられることが分かりました。私は早速彼女とのデートで一泊二日で旅行を計画した時にその岐阜市内にあるレンタカーショップを訪ねました。するとネットで見た通り安価できれいに整備された車を借りることが出来ました。外装も内装もピカピカで私が乗っていた車よりもはるかに綺麗で今までのレンタカーのイメージを一新させられました。彼女もとても満足している様子でした。私達は早速レンタカーに乗って旅行へと出かけました。外装だけではなく内装もとても綺麗で清潔感のある車でした。これならマイカーをもって年間の維持費を払うより、必要な時だけレンタカーを利用した方が良いかもしれないと思いました。岐阜市内のレンタカーは東海でも一二を争うくらい安価を売り物にしています。そしてこの内容ならいう事無しだと思います。

< 研修旅行などに >

先日会社の研修旅行に行くこと言う事で総務部勤務の私は車の手配を頼まれました。岐阜市内の会社なのですが今までレンタカーなど借りたことがなく一瞬戸惑いましたがとりあえずはネットで検索してみました。すると岐阜市内にもかなりのレンタカーショップの件数がありこれは良いと思いもっと深く調べてみました。すると意外と岐阜市内のレンタカーショップは他府県のレンタカーショップと比較して安価なのに気が付きました。ですが今回借りるのは小型のマイクロバスなので扱っているレンタカーショップがあるかどうかちょっと心配でした。しかしそれが結構あったのです。私はその中でも一番安価なレンタカーショップを見つけ連絡をしてみました。すると丁度いいタイミングで研修旅行の日取りに予約することが出来たのです。これはラッキーと思い上司に報告しました。上司もよくやったと褒めてくれました。私もとても満足でした、同時にレンタカーショップにとても興味が湧き、個人的にも利用してみたいなぁ、と思ったのです。私は自家用車を持っていないので何かあった時は不自由でなりません。そんな時レンタカーを借りられればどれだけ楽だろうと思い、試しに岐阜市内のレンタカーショップに行き早速借りてみました。今回は半日だけ借りたのですがとても快適で半日だけでしたがとても満足できました。これからはどんどん利用していこうと考えています。

< 週末のドライブなどに >

岐阜に旅行にと考えた時、いざ地図を見てみると、行きたいと思っている場所が電車で遠かったり、あるいは行きたい場所がいくつかあるものの、それぞれのエリア同士の交通網が悪いので、結局一カ所しか足を運ぶことができないなと感じて困っている人もいるのではないでしょうか。 せっかくの休日を思う存分楽しみたいのに、一カ所だけでは勿体ないことでしょう。 ましてや岐阜はとても広いので、移動そのものが負担になってしまうことも。そこでレンタカーです。 レンタカーであれば様々な場所に自らの意思でアクセスできますので、組み合わせも自由です。 公共交通機関に頼る必要がありませんので、その時の気分だったり、あるいは公共交通機関のアクセスが悪い場所、終電や終バスが早いので現実的にアクセスが難しいエリアへのアクセスも可能です。 旅は自由なものですが、公共交通機関に頼るとある程度制約されてしまいます。 その点、レンタカーであればまさに自由自在な旅を可能にしますし、人数が多ければコストパフォーマンスも高まりますし、車内での時間も周囲に気兼ねする必要が無いので楽しい時間になることでしょう。 このように、メリットが多々あるので、自由な旅を楽しみたい方は前向きに検討してみてはいかがでしょう。

< レンタカーが岐阜を楽しくさせる! >

今週末私は彼女とドライブに行く約束をしました。と言っても自分の車を持っていないのでレンタカーを借りようと思いネットでレンタカー屋さんを検索しました。すると思いの外件数があってどこのレンタカー屋さんが良いのか迷ってしまいました。とりあえずはレンタカー屋さんのホームページ一軒一軒見ながらあれこれと見ていると借りられる時間帯や曜日によって値段が違う事に気付きました。週末は若干料金の方は高めですが時間に関しては6時間、8時間、12時間といった具合で料金も異なっていたので私は時間に余裕を持たせて12時間借りることにしました。そして当日、予約を入れていた時間にレンタカー屋さんに行き車を借りました。その足で彼女を迎えに行きドライブへと出かけました。向かった先は岐阜市内でお休みという事もあり道は空いていて彼女と会話を楽しみながら岐阜に到着しました。今日の一番の目的は彼女の大好きな甘味処のお店が岐阜にあるという事でそこで思う存分甘いものを食べることでした。そして到着、私も彼女も甘いものには目がないこともあり、何種類ものメニューを一度に頼み二人でシェアしあって満足のいくまで食べまくりました。その後は岐阜市内でショッピングを楽しみ夕方まで名古屋中をウロウロして岐阜へとレンタカーを走らせました。彼女も今日のドライブに満足気な表情を浮かべ、また行こうね、と笑みを浮かべました。

< レンタカーで楽しめる岐阜の名所! >

岐阜にも様々な名所がありますが、公共交通機関で時間を気にしての旅行よりも、レンタカーで時間を気にせずに、思うが儘に楽しめる旅行の方が思い出深いものになるでしょう。 また、単に時間の問題だけではなく、そもそも公共交通機関が通っていない場所もありますので、そのような名所へのアクセスの選択肢は、自ずとレンタカーになるのではないでしょうか。 そこで、車だからこそ足を運びやすい岐阜の名所をいくつかご紹介しましょう。 墨俣城 天下統一した豊臣秀吉が築いた「一夜城」としても知られているこちらは、公共交通機関の場合は岐阜駅、あるいは大垣駅からバスになるのですが、終バスを意識しなければならないので、思う存分楽しみたいのであれば車が良いでしょう。 ちなみに桜のシーズンともなると桜で川沿いがピンクに染まるので圧巻です。 白川郷 世界遺産にも登録されている白川郷は、公共交通機関でとなると高速バス程度です。 そのため、こちらもレンタカーがおすすめです。 高速バスも悪い手段ではありませんが、時間を気にしなければならない点、さらにはバスの中には多くの人がいますので、決してプライベート空間ではない分、周囲への配慮は常に考慮しなければなりませんが、レンタカーであれば車内で余計な気を使う必要もありません。 また、白川郷へのアクセスそのものだけではなく、白川郷とその他の名所も一緒に見て回れますので、白川郷を往復する高速バスよりも、様々な場所を楽しめることでしょう。 関ケ原 歴史マニアであれば、その名前を知らない訳がないでしょう。 関ケ原はJR沿線なので、駅もあるのですが、関ケ原にはそれぞれの武将の陣跡がいくつもあります。 それらを徒歩だけで見て回るのは簡単ではありませんが、レンタカーであれば様々な場所を見て回れますので、思う存分関ケ原を楽しみたい人もまた、レンタカーの方が良いでしょう。

< レンタカーで岐阜がさらに楽しくなる! >

歴史もあれば自然もある。一方で住みやすいエリアもあるなど、岐阜には様々な魅力があります。だからこそ、観光地としても人気を集めていますが、岐阜を思う存分楽しむのであればおすすめはレンタカーです。 平野部と山間部は違う顔を持っている 岐阜の特徴として、賑わいを見せている平野部と、自然溢れる山間部に分類できます。 濃尾平野のある岐阜市、大垣市などは交通網も充実していますし、東海地方最大の都市である名古屋にも短時間でアクセスできるなど住みやすいエリアですが、自然溢れる部分は、交通網が充実しているとは言い切れません。 そのため、レンタカーの方が気軽で、且つ時間を気にすることなくアクセスできます。 名所が多い!だからこそレンタカー 岐阜県には名所が多々あります。それは山間部であっても同様ですが、それをいくつも観て回りたいのであれば、公共交通機関よりもレンタカーの方がおすすめです。 名所には、岐阜駅など大きな駅からであれば公共交通機関でもアクセスが可能ですが、名所同士のアクセスは繋がっていないところもあります。 例えばですが、郡上八幡と下呂。歴史のある街と温泉街と、それぞれ人気エリアですが、それぞれ岐阜駅からであれば容易にアクセスできますが、下呂と郡上八幡それぞれのアクセスはありませんので、結局岐阜駅まで戻らなければなりません。つまり、事実上その二カ所を一緒に楽しむことは難しいのですが、レンタカーであれば、それも可能です。 むしろこの両者は車であれば小一時間程度でアクセスできる位置にありますので、二か所同時に楽しみたいのであればレンタカーです。 そして、このような組み合わせは岐阜には他にもいくつもありますので、思う存分岐阜を楽しみたいのであれば、レンタカーを活用してみるのが良いのではないでしょうか。

< レンタカーで岐阜の見どころを楽しむ旅に出よう >

歴史、自然が溢れんばかりに点在している岐阜。 近年はSNSの影響もあり、話題になることも多いようですが、一方でとても広い面積を誇り、かつ平野部分以外は公共交通機関に恵まれているとも言い難いのも事実。 そのため、魅力的なエリアを楽しむのであれば公共交通機関に頼るよりもレンタカーがおすすめです。 レンタカーのメリットは多々ある 岐阜は魅力的なエリアが多々あるのは間違いないのですが、現実的に公共交通機関に恵まれているとは言い難いのも事実です。 1時間に1本程度、あるいはそれ以下のダイヤの場所もあれば、そもそも公共交通機関がないので、自力でアクセスしなければならないエリアもあります。 また、主要都市からのアクセスは申し分ないものの、名所同士のアクセスが悪いので、「同時にチェック」が難しいケースもあります。 距離的には決して遠くはないものの、公共交通機関で繋がっていないので目と鼻の先にあるスポットにアクセスすることさえままならないケースも珍しくありません。 その点、レンタカーであれば公共交通機関のダイヤを気にする必要もなければ、道路さえ繋がっていれば好きにアクセスできますので、公共交通機関では同時にいろいろと回ることができない場所も、一度にアクセスすることが可能になります。 旅をより楽しく!そのために必要なもの 旅は決してアクセスだけが問題ではありません。 アクセスできたとしても、長時間立ちっぱなしであれば、本来は目的地を満喫するはずの旅であるにも関わらず、目的地に到着した頃には既に疲労困憊になってしまっているようでは本末転倒なのではないでしょうか。 特に岐阜の自然あふれるエリアへは距離もあるので公共交通機関でもどうしても時間がかかってしまいます。 特急等座席指定タイプのものであれば良いのですが、在来線の場合、座席は確保されている訳ではありません。 つまり、長時間立ち続けなければならない可能性は、決して低くはありません。 また、座れたとしても連れとは席が離れてしまったり、あるいは連れは座れたものの自分が座れなかったり、あるいは逆に自分だけは座れたものの、連れが座れなかったり。 結果、移動の時間が「楽しい時間」ではなく、「目的地までの移動時間」になってしまうこともあるでしょう。 その点レンタカーであれば、全員が確実に座れますので、目的地「から」楽しいのではなく、目的地「まで」も楽しい旅行になるのではないでしょうか。

< レンタカーで岐阜を隅々まで楽しもう >

岐阜は地図を見ればわかるように、とても広いエリアです。 平野部こそ少ないものの、多くの山間部があります。そして、それら山間部にこそ、魅力が多々詰まっていますし、所々に味のある街並みが待っています。 白川郷、下呂温泉、郡上八幡、飛騨高山…。 どれも一度は足を運んでみたい街なのではないでしょうか。 もちろん他にもいくつも見どころがありますし、中にはまさに「秘境」と呼ぶに相応しいエリアがあるのも事実です。 それらのエリアを思う存分楽しみたいのでれば、公共交通機関よりもレンタカーの方がおすすめです。 移動の最中も楽しくなる 岐阜はとても広いので、いざ足を運ぼうと思ってもそれなりに時間がかかります。 公共交通機関の場合、周囲のお客のことも考慮しなければなりません。いくら座席指定ではあっても、決してプライベートルームにいるわけではありません。 その点、車であればまさにプライベートルームです。 匂いのあるものを食べても、大声で騒いでも、誰かに迷惑をかけるわけではありませんし、必ず座れます。 公共交通機関の場合、座席指定のものであれば座れますが、路線バスや鈍行列車の場合、いわば早いもの順です。 座席に座れない可能性も十分にありますし、座れない場合、目的地まで長時間立ちっぱなしになりますので、目的地に到着した時点で疲労困憊になってしまっている可能性もあるのではないでしょうか。 交通機関のダイヤ 岐阜の自然溢れるエリアは、お世辞にも交通機関のダイヤに恵まれているとは言い難いです。 1時間に1本以下のケースも珍しくないことを考えると、「自分が楽しむための旅」ではなく、「ダイヤに合わせた旅」にせざるを得ませんが、レンタカーであれば交通機関のダイヤを気にする必要もなく、自由気ままな、「自分のための」旅を楽しめることでしょう。

お知らせNews & Tpoics

2019.01.01
ホームページが公開されました
2019.02.03
ホームページ一部機能追加
2019.03.12
ホームページ修正版です。